2020年!獲れたてシャフト徹底試打「スピーダー エボ7(Speeder Evo7)」編

「7代目」のスピーダー エボリューション 7(Speeder EVOLUTION VII)シリーズは・・・

「2020年!獲れたてシャフト」徹底試打の第2段は、2020年9月3日発売の、「スピーダー EVO7シリーズ」を取り上げます!

スピーダー エボリューション(Speeder EVOLUTION)シリーズの7代目の通称、エボ7(EVO7)は、言わずと知れた、フジクラシャフト(藤倉コンポジット社)の代名詞的スピーダーシリーズの最新モデル。
私(ゴルフおじさん)的には、スピーダーシリーズとは、かなり(凄く?)古い「SPEEDER 660TR」からのお付き合い(?)で、衝撃的な飛距離はゴルファーの「飛ばしたい」気落ちをくすぐる存在です。

スピーダーエボリューションシリーズは、奇数番が「手元が硬く、先端走り」、偶数番が「手元軟らかく、先がしっかり」系に分類されます。
なので、今回はエボ7なので、「手元が硬く、先端走り」に分類されるシャフトになっていますので、アマチュアゴルファーや、女子プロが多く恩恵を受けられるタイプになします。


「Speeder EVOLUTION 7」って、どんなシャフト?!

モデル フレックス 重量 トルク 調子
SPD 351 EVO7 R2 38.0g 6.6 先中
R 39.5g
SR 41.0g
SPD 474 EVO7 R2 46.0g 5.1
R 47.5g
SR 49.0g
S 50.5g
SPD 569 EVO7 R 52.5g 4.8
SR 54.0g
S 55.5g
X 57.0g
SPD 661 EVO7 SR 64.5g 3.4
S 66.0g
X 67.5g
SPD 757 EVO7 S 74.5g 2.9
X 76.0g

 

大きなキャリーで、大きな飛距離を”新感覚の加速の進化”でつかまりを追求
最新のヘッドに合わせた剛性設計でつかまりをアップデート。
切り返しでの間の取りやすさも兼ね備え、スイングリズムの安定を手助けします。
さらにEVOⅥでも使用した超高弾性炭素繊維平織シート「70tカーボンクロス」により押し込めるインパクトゾーンを実現。
新感覚の加速感を体感してください。

※藤倉コンポジット社ホームページより引用

 


「スピーダー エボリューション7(エボ7)」試打開始です!

今回は、ジオテックゴルフの「GT9 SLE」ドライバー(カチャカチャ式)の9.5度を使用して試打を行いました。

【ヘッドのご紹介】

ジオテックゴルフ GT9 SLEドライバー
"圧倒的な飛び+やさしさ"シャフトアダプタ式の最新モデルで、広いスイートエリアと高いエネルギー伝達効率、拘りの打感で、高い評価を頂いています。ゴルフ体験主義の記事は、コチラ>>>

 

試打結果は、こんな感じでした

ボール初速 69.1 m/s
打出角 15.0 度
バックスピン 1871 rpm
平均飛距離 278.78 ヤード
最大飛距離 281.8 ヤード
飛距離のブレ 5.3 ヤード
方向性のブレ 14.5 ヤード

※試打の平均データです

1球だけ(黄色の軌跡)スライス系で出ていますが、それ以外は、つかまった球が安定して出ています。この1球を加味すれば左右のブレも十分安定していると言っていいと思います。
その証拠に、高初速と高打出しを両立できていて、飛距離ものびていました。


【ゴルフおじさん】的な試打レポート(めっちゃ主観です)

前述の通り、「スピーダー」とのお付き合い(?)は長く、いつも驚きの連続なので、正直期待大(ハードルが高い状態)で試打を開始します。

外観の印象は、全長が白で(個人的に好きです)軽快にスイング出来そうでいいのと、私(ゴルフおじさん)が白いシャフトが好きな理由は、何と言ってもアドレスのしやすさです。
ちょっと話がそれますが、飛球線に対して直角にシャフトを構えるときに、白いシャフトはとても構えやすくかんじます。私は、アドレスでショットの結果が80%決まると思っているので・・・

話は戻りますが、最初は軽く打って行くと「ザ・スピーダー!」と言う印象で、計測するまでもなくヘッドスピードが速い体感ができました。
もちろん、ボールも軽く打って行っても伸びやかなボールが出て、とても気持ちいです。

ここから、本気で・・・
とその前に・・・
言い訳させてください。。。 他の記事でも書いていますが、私(ゴルフおじさん)的には「手元が硬いシャフト」よりも「手元が柔らかいシャフト」が合っているので、正直なところエボリューションシリーズの「奇数番」は苦手な予感をしながら試打をしています・・・

言い訳は、このくらいで・・・

で、肝心の結果ですが・・・

自分でびっくりでした!!

こんな私(ゴルフおじさん)でも、打ちやすいんです!!
先端が良く走っていると、コントロールしきれないものが多いのですが、さすがに「7代目」は、「つかまりをアップデート」、「切り返しでの間の取りやすさも兼ね備え」のメーカーの謳い文句は伊達じゃなかったです!
バシバシ叩きに行っても、つかまった強い球が安定して飛んでいきます。

試打結果のデータを見て頂いても、飛距離の3大要素の「初速・打出角・バックスピン量」が理想値に近い値で、飛距離のブレも少なく実際にコースでは、ランがもっと期待出来そうなので、すごい飛距離性能だと思います。
スイングだけでは難しい「速い初速と、高い打出角、低スピン」を、シャフトが勝手にやってくれる、多くのゴルファーが恩恵を受けれるシャフトだと感じました。


【ゴルフおじさん】的、こんな方にオススメ!

飛距離と安定性の両立という欲張りな欲求を、シャフトの恩恵でかなえたいゴルファー(ほとんどのゴルファーだと思いますが・・・)には、オススメ出来るシャフトだと思います。
但し、球筋を打ち分けたい、フェードでコントロールしたいゴルファーには、少し言う事を聞いてくれ難いシャフトだと思うので、その様なゴルファーには、EVO4やEVO6の方が合うかも知れません。


 

藤倉コンポジット公式ホームページ https://www.fujikurashaft.jp/

ジオテックゴルフ公式ホームページ:https://www.geotechgolf.com/


ジオテックゴルフなら、藤倉コンポジット社のシャフトをラインナップしておりリシャフト(シャフト交換)なども承っていますので、ホームページを是非ご覧ください。



ジオテックゴルフホームページはコチラ

コンポーネントクラブメーカーのジオテックゴルフコンポーネントが運営する公式通販サイト。
オリジナルパーツはもちろん、各種メーカーパーツや初心者からプロが使用する工具もラインアップ。
専任フィッティングアドバイザーが、クラブ選びのお手伝いをさせて頂きますので、安心してお問い合わせください。

無料カタログもご用意しております。


ABOUTこの記事をかいた人

ゴルフおじさん

ゴルフが好きで、ゴルフ業界の仕事に就くほどのゴルフバカです。 GeotechGolfのホームページ管理者をする傍ら、ゴルフクラブの飽くなき探求をする事を、生業としています。 平均スコア:85前後 ヘッドスピード:47m/s 得意なクラブ:8番アイアン クラブ組立レベル:マイクラブは作れる程度 ※時折独自の意見を展開するので、温かい目で見守っていただけると幸いです。