シンカグラファイト(LOOP)徹底試打!

弾道イメージと重量から選べる、豊富なラインナップ!

シャフト選びは、多くのゴルファーの(大きな)悩みの一つだと思います。

スペックを選ぶ順序は、重量から入って・・・などありますが、最終的には自分の望む弾道イメージを再現できるかがポイントになります。

※シャフトスペックの解説はコチラ

求める弾道イメージと、重量帯をニーズに合わせてラインアップしているのが、「シンカグラファイト(LOOP)」と言えるのではないでしょうか。

※メーカーホームページより引用

今回は、その中でも人気のモデルについて、試打レポートを行いたいともいます。


LOOPと言えば、「prototype ::BW」の圧倒的な飛距離性能

さらなる飛距離性能をより多くのゴルファーへ「Bubble Weight」誕生

BubbleシリーズはH.Dシリーズ同様のダブルホールド製法に加えて更なる軽量化を実現。H.Dシリーズより手元側に重心を置くことでボールのつかまりを良くし、長尺にも対応。方向性、飛距離性能共に多くのゴルファーの期待に応えるシャフトです。独自のダブルホールド製法により、50g台前半の重量にもかかわらず、低トルク、且つ軽量化を実現。インパクトでのあたり負けやヘッドスピードの減速を極限まで抑え、圧倒的な飛距離性能を初心者から競技者までの幅広いゴルファーにお届けします。

※メーカーホームページより引用

試打した印象としては、お世辞抜きでまさにメーカーの謳い文句通りと言うか・・・

軽い重量から来るヘッドスピードアップ、非常に素直にヘッドを加速してくれる押し込むインパクト、タイミングが取りやすく心地よく振ってつかまる安心感。

どれをとっても、飛んでくれそうなイメージで、軽いドローをイメージしやすいシャフトで再現性も非常に高いシャフトだと感じました。

重量が50g台と言う事もあるので、長尺セッティングを試してみたいと思うゴルファーにも最適な1本だと思います。

私(ゴルフおじさん)的には、46インチ以上で振り回して飛距離重視のセッティングが良いと感じました。


LOOPの代名詞的存在の「HD」の後継、「prototype ::LT」

LOOPが新たなステージへ!「重厚な手応えと振りやすさ」を極めた軽量スピードシャフト

独自のダブルホールド製法技術により生み出されるしなり感が、最適な切り返し動作とシャープで心地よい“振りやすさ”をプレーヤーにもたらします。その圧倒的なシャフトポテンシャルはミート率と初速を上げる大きな要因となり、飛距離性能を最大に発揮。“Lightning&Thunderbolt”閃光の如く走り、分厚いインパクトでボールを押し弾く感覚はLOOPシャフトだけでしか味わえない独特のフィーリング。抑えられたスピン量と、安心して叩けるチップサイドの素直な動きは、様々なヘッドとの高い相性を実現しています。

※メーカーホームページより引用

上で紹介した「BW」と後で紹介する「GK」の中間的な特性で、素直なフィーリングと適度な走り感で、例えて言えば「今どきの誰でも運転できるオートマのスーパーカー(表現が古いですね。。。)」と言った感じでしょうか。

シャフトで飛ばしたいけどスイング通りに飛ばしていきたい、中上級者に最適な1本だと思います。

私(ゴルフおじさん)的には、見た目の高級感がとても素敵だと思います。


ぶっ叩いてこそ、真価(シンカ)を発揮する「prototype ::GK」

しなやかに粘り、力強く、トッププロも認めたロースピンで押し出す重弾道を実現!!

新たに加わるPROTOTYPE :: GKは、同じ60g台PROTOTYPE :: CL特性の代名詞になりつつある”押し走り感”を損なわずに手元剛性比率や使用素材を変更。それにより切り返しで程よい間を作り、しなやかさを感じながらタメの利いたインパクトへ導くシャフトの挙動が生まれ、つかまり過ぎず 安心して叩けるフィーリングを実現しました。飛距離・方向性・操作性を兼ね備え、トッププロの評価も「叩いて良し・スイングで振り切っても良し」の60g台シャフトとして新たな選択肢をお届け致します。

※メーカーホームページより引用

ズバリ!私(ゴルフおじさん)的の「どハマり」はこのprototype :: GKでした。

手元寄りでタメを感じながら切り替えしていきたいゴルファー、切り返しが緩やかなゴルファーにとって、一気に振り切りやすいシャフトで、「ヒッカケ」も気にせずに叩けるのでトッププロの高い評価も頷けます。

シャフト全体で貯めたスイングエネルギーを、分厚いインパクトで押し込める印象なので、振れば振るほど飛距離も伸びるイメージですので、コントロールショットも非常に打ちやすくフェードイメージでコースマネージメントしたいゴルファーには、最適な1本だと思います。


【ゴルフおじさん】試打結果の考察

私(ゴルフおじさん)個人的には、「prototype::GK」がマッチしていましたが、バリエーションが多く、重量帯別に弾道イメージを分けた個性を持った商品ラインアップしているので、きっとあなたのスイングにあったモデルが見つかると思います。


シンカグラファイト公式ホームページ https://www.syncagraphite.co.jp/

 


シンカグラファイト(LOOP)のシャフトは、GeoLabo(ジオラボ)限定での取り扱いになっています。

ジオラボでは、シンカグラファイトの試打クラブをご用意していますので、是非一度ご来店ください。

試打クラブリストは、コチラ>>>



GeoLaboホームページはコチラ

ジオテックゴルフコンポーネントの直営フィッティングスタジオ「GeoLabo(ジオラボ)」
オリジナルパーツはもちろん、ジオテックゴルフの通販では取り扱っていないメーカーなども多数ラインナップしています。

 




ジオテックゴルフホームページはコチラ

コンポーネントクラブメーカーのジオテックゴルフコンポーネントが運営する公式通販サイト。
オリジナルパーツはもちろん、各種メーカーパーツや初心者からプロが使用する工具もラインアップ。
専任フィッティングアドバイザーが、クラブ選びのお手伝いをさせて頂きますので、安心してお問い合わせください。

無料カタログもご用意しております。


ABOUTこの記事をかいた人

ゴルフおじさん

ゴルフが好きで、ゴルフ業界の仕事に就くほどのゴルフバカです。 GeotechGolfのホームページ管理者をする傍ら、ゴルフクラブの飽くなき探求をする事を、生業としています。 平均スコア:85前後 ヘッドスピード:47m/s 得意なクラブ:8番アイアン クラブ組立レベル:マイクラブは作れる程度 ※時折独自の意見を展開するので、温かい目で見守っていただけると幸いです。