2021年!獲れたてシャフト徹底試打「VENTUS Black(ベンタス ブラック)」編

VENTUS(ベンタス)シリーズ第2弾「VENTUS Black(ベンタス ブラック)」とは・・・

以前試打レポートを書かせて頂いた、「VENTUS Blue(過去記事)」と同じシリーズで、アメリカでは「Red、Blue、Black」と3タイプで商品ラインアップされていたVENTUSシリーズですが、この度、プロの使用率も高い、「VENTUS Black(ベンタス ブラック)」が日本でも2021年2月18日に正式発売となります。(50g台は、3月11日発売)

ちょっと余談ですが、「VENTUS Blue(過去記事)」と「VENTUS Black(ベンタス ブラック)」のプロの使用状況ですが、アメリカでは「VENTUS Blue」が多く、日本では「VENTUS Black」の使用が多い様です。また、ベンタスの登場で男子ツアーのフジクラシャフト使用率も急上昇するほどの人気で、今一番ホットなシャフトと言っても過言ではないと思います。

「VENTUS Blue」と「VENTUS Black」は、基本的に先端剛性が高い(日本のモデルにはない高さ)事は共通していますが、手元寄りの剛性が「VENTUS Blue」が低く、「VENTUS Black」が高いという違いになります。顕著にでる計測として、同一ヘッド、同一レングス、同一グリップで振動数を計測してみました。

単純に、モデルが違うシャフト同士のCPM(振動数)を比較する事に、大きな意味はありませんが同シリーズでCPMが10違う(同一モデルであれば1フレックス相当)のは異例だと思います。
もし既に、「VENTUS Blue」のクラブをお持ちで「振動数が・・・」とお悩みの(?)の方は、メーカーが意図的に作っている手元の軟らかさ(硬さ)から来るものなので、その様に考えて頂くのが良いと思います。

ちょっと脱線しましたが、しっかりシャフトの事を見ていきたいと思います。

「VENTUS Black」メーカー公式サイト


「VENTUS Black(ベンタス ブラック)」って、どんなシャフト?!

モデル フレックス 重量 トルク 調子 レングス
VENTUS Black 5 S 57.5g 3.7
46
X 58.5g 3.3
VENTUS Black 6 S 64.0g 3.4
X 65.0g 3.1
VENTUS Black 7 S 77.0g 3.1
X 78.0g 2.8

 

飛距離とコントロール性能を両立したアメリカ発のシャフト誕生
PGAツアーでの使用率1を奪取すべく、トッププロの要求に応えるシャフトの開発がスタート。ツアー現場から開発された、たたけるフィーリングの飛距離とコントロール性能を両立したアメリカ発の元調子系シャフト。

VeloCore Technology
「VeloCore Technology」は、今までにない安定感とたたけるフィーリングを実現する為のマルチバイアス構造です。 フルレングス超高弾性70tカーボンと高弾性カーボンから構成され、 オフセンター時のヘッドのねじれを抑制、優れたボールコントロール性能を 実現しています。さらに、シャフト先端の高い曲げ剛性がボール初速の最大化を生み出しています。

※藤倉コンポジット社ホームページより引用

 


「VENTUS Black(ベンタス ブラック)」試打開始です!

今回は、ジオテックゴルフの「GT9 SLE」ドライバー(カチャカチャ式)の9.5度を使用して試打を行いました。

【ヘッドのご紹介】

ジオテックゴルフ GT9 SLEドライバー
"圧倒的な飛び+やさしさ"シャフトアダプタ式の最新モデルで、広いスイートエリアと高いエネルギー伝達効率、拘りの打感で、高い評価を頂いています。

ゴルフ体験主義の記事は、コチラ>>>

 

試打結果は、こんな感じでした。

ボール初速 68.23 m/s
打出角 17.5 度
バックスピン 1759 rpm
平均飛距離 279.3 ヤード
最大飛距離 281.7 ヤード
飛距離のブレ 4.1 ヤード
方向性のブレ 7.3 ヤード

※試打の平均データです

弾道を見て頂くとわかると思いますが、物凄く高い直進性(曲がり幅が粗ないです)で、打出した方向に飛んで行っているのが分かると思います。
正直なところ、私(ゴルフおじさん)も驚きの結果でした。
恐るべし「VELOCORE(ベロコア)」!!


【ゴルフおじさん】的な試打レポート(めっちゃ主観です)

今回の「VENTUS Black」は誰が打っても(?)「VENTUS Blue」とは全く別物と分かるくらい違う物に感じました。
「VENTUS Blue」を最初に打った時には、「硬いシャフトだな~」という印象でしたが、「VENTUS Black」を打つと、本当に凄くいい意味で「棒」と感じると思います。

正直最近あまり味わったことのない、しっかり感でまさに「叩きたいだけ叩いてください」とシャフトに言われている様な感じで、ついつい振り回したくなって振るんですが、不思議なくらいボールは真っ直ぐ飛んでいくという、ある意味究極のシャフトと言うか、理想のシャフトなのかも知れません。

但し・・・

それには、とってもシンプルで、とっても大きな条件が付くと思います。

条件:振れること

無理すれば・・・、どうにか・・・であれば、正直なところ無理しない方が良いと思います。

振れる事が前提であれば、非常に素直に振り抜く事ができて、敏感過ぎずに程よく弾くので、「叩ける安心感」からもっと振りたくなると思います。
また、ボールも十分上がっていて低スピンのボールが安定して打てている為、距離のブレが「4.1ヤード」と飛距離の安定感もそれを証明してくれていると思います。
それでいて、暴れる事もない本当に不思議なシャフト(試打レポートで言ってはいけないワードな気もしますが・・・)です。

※良い事書きすぎると「メーカーの・・・」なんて思われてしまうかも知れませんが、決して忖度などない私(ゴルフおじさん)の感想です。


【ゴルフおじさん】的、こんな方にオススメ!

このシャフトは、兎に角しっかりと叩いて打って行きたいゴルファー向けだと思います。
「VENTUS Blue」を打った時に、安定はするけど「もう少し叩きたい」と感じたゴルファーには最適かもしれません。

また、最近の安定系(高MOI)ヘッドと組み合わせて、ヘッドスピードを挙げて飛ばしたいゴルファーには、最強の1本になると思います。

最後に、調子が元調子のシャフトですが、あまり調子を気にしない方が良い様に感じるシャフトだと思うので、「元調子だから・・・」という食わず嫌いはしない方が良いと思います。


 

藤倉コンポジット公式ホームページ https://www.fujikurashaft.jp/

ジオテックゴルフ公式ホームページ(VENTUSシリーズ リストページ):https://www.geotechgolf.com/

ジオテックゴルフなら、各社のシャフトをラインナップしておりリシャフト(シャフト交換)なども承っていますので、ホームページを是非ご覧ください。



ジオテックゴルフホームページはコチラ

コンポーネントクラブメーカーのジオテックゴルフコンポーネントが運営する公式通販サイト。
オリジナルパーツはもちろん、各種メーカーパーツや初心者からプロが使用する工具もラインアップ。
専任フィッティングアドバイザーが、クラブ選びのお手伝いをさせて頂きますので、安心してお問い合わせください。

無料カタログもご用意しております。


ABOUTこの記事をかいた人

ゴルフが好きで、ゴルフ業界の仕事に就くほどのゴルフバカです。 GeotechGolfのホームページ管理者をする傍ら、ゴルフクラブの飽くなき探求をする事を、生業としています。 平均スコア:85前後 ヘッドスピード:47m/s 得意なクラブ:8番アイアン クラブ組立レベル:マイクラブは作れる程度 ※時折独自の意見を展開するので、温かい目で見守っていただけると幸いです。