2020年!獲れたてシャフト徹底試打「Speeder SLK Type-D」編

話題の「短尺系シャフト」、Speeder SLK v.s.  Speeder SLK Type-D

以前、本ブログでもご紹介させて頂いた短尺系ドライバーシャフトの「Speeder SLK(スピーダー SLK)」【>>>流行のシャフトを徹底試打「Speeder SLK」編】で、今どきの大型ドライバーと相性がいい「短尺系ドライバーシャフト」ですが、フジクラシャフト(藤倉コンポジット株式会社)から【飛距離性能をプラス】というキャッチコピーで新発売された、「Speeder SLK Type-D(スピーダー SLK タイプD)」を早速打ち比べてみました。

ゴルフおじさん(私)的にも注目のシャフトだったので、速く打ちたくてメーカー様に早めにご用意頂いていたのですが、ゴルフおじさん(私)が股関節を傷めてしまって打てなかったので、レポートが遅くなってしましました。。。
本当に申し訳ございませんでした。(おじさんあるあると言う事で、ご容赦頂けますと幸いです・・・)

ちょっと脱線しましたが、しっかりシャフトの事を見ていきたいと思います。

「Speeder SLK Type-D」メーカー公式サイト


「スピーダー SLK タイプD」って、どんなシャフト?!

 

モデル フレックス 重量 トルク 調子 レングス
Speeder SLK Type-D 40 - 49.5g 4.8
45
Speeder SLK Type-D 50 - 58.0g 3.8
Speeder SLK Type-D 60 - 66.0g 2.9

今回の「Type-D」は、「SLK」とスペック的に比較すると、トルクが小さい(Type-D 60:2.9度  SLK 6S:5.1度)のが大きな特徴です。
また、フレックス展開が廃止されているのもポイントだと思います。

短尺という新ジャンルを確立したSLKに、さらなる飛距離性能をプラス
ミート率や直進性を高めて、多くのゴルファーに支持を得たSLKに飛距離をプラス。
一般的なシャフトより1インチ短くても同様のバランスに仕上がることは変わらずに、超⾼弾性「90tカーボン」をはじめとした⾼弾性素材をバイアス積層することでロートルク化。
さらに東レの⾼強度・⾼弾性カーボン「トレカ®T1100G」 をマルチプライ化することでインパクト時の強さも追求。安定性と飛距離を高次元で両立させました。

※藤倉コンポジット社ホームページより引用

 


「Speeder SLK」v.s.「Speeder SLK Type-D」試打開始です!

今回は、ジオテックゴルフの「GT9 SLE」ドライバー(カチャカチャ式)の9.5度を使用して試打を行いました。

【ヘッドのご紹介】

ジオテックゴルフ GT9 SLEドライバー
"圧倒的な飛び+やさしさ"シャフトアダプタ式の最新モデルで、広いスイートエリアと高いエネルギー伝達効率、拘りの打感で、高い評価を頂いています。

ゴルフ体験主義の記事は、コチラ>>>

 

試打結果は、こんな感じでした。

 シャフト SLK Type-D 60 SLK 6(S)
クラブレングス 44.75インチ 44.75インチ
ボール初速 67.4 m/s 67.5 m/s
打出角 14.6 度  14.25 度
バックスピン 1837 rpm 2111 rpm
平均飛距離 272.2 ヤード 271.6 ヤード
最大飛距離 274.5 ヤード 273.0 ヤード
飛距離のブレ 3.4 ヤード 3.2 ヤード
方向性のブレ(最大) 14.8 ヤード 12.0 ヤード

※試打の平均データです

 

上記の結果だけを見てしまうと、飛距離に大きな差が出てきませんでした。これはあくまでもゴルフおじさん(私)の場合ですので、後述しますが打っている感覚は大きく違うのでもっと差が出るゴルファーも多くいると思います。また、「Speeder SLK Type-D」は1球だけ左につかまったミスが出ていますが、球の纏まりは非常に良い結果が出ています。


【ゴルフおじさん】的な試打レポート(めっちゃ主観です)

スピーダー SLKは、正直硬い印象を、ゴルフおじさん(私)的には感じていたのですが、「スピーダー SLK Type-D」の印象は、最初のショットから、「おおっ!スピーダーだ!!」と感じるような、スピーダーらしい走り感を感じ取りやすかったです。ですが、走り感を出しているのをトルクを小さくしているおかげで、安定感(暴れない)挙動を実現しているのでは?と思う様な印象です。
また、ゴルフおじさん(私)的には、クラブが短い事もシャフトが硬く感じる事も両方とも、スイングテンポを速くしてしまう要因に感じるので、「Speeder SLK」はテンポ速く「パンパ~ン」と速いテンポで一気に打ってしまう印象ですが、「Speeder SLK Type-D」はスピーダーらしい、しなりを感じながら打てるので「間を取りやすい」ので、「ン~~~パ~ン」(※分かり難くい表現で申し訳ありません)短いクラブが苦手なゴルファーにも対応しやすい印象と、安定して飛距離を出せる印象を感じました。


【ゴルフおじさん】的、こんな方にオススメ!

従来の「Speeder SLK」が合わなかったゴルファーにも、間が取りやすく感じてくると思われますので、どちらかと言うと長いクラブが振りやすいと感じているゴルファーで、ショットが安定しない場合や、狭いコースを攻略していきたい場合などには、非常に強い武器になってくると思います。
また、寒い時期などどうしても、手打ちになってきてしまうゴルファー(ゴルフおじさんがそうです)には、いつもより重たいシャフトで短くすることで、ショットを安定させることも出来るのではないかと思うので、そんなゴルファーにもオススメです。


 

藤倉コンポジット公式ホームページ https://www.fujikurashaft.jp/

ジオテックゴルフ公式ホームページ(スピーダー SLKシリーズ リストページ):https://www.geotechgolf.com/

関連記事:流行のシャフトを徹底試打「Speeder SLK」編


ジオテックゴルフなら、各社のシャフトをラインナップしておりリシャフト(シャフト交換)なども承っていますので、ホームページを是非ご覧ください。



ジオテックゴルフホームページはコチラ

コンポーネントクラブメーカーのジオテックゴルフコンポーネントが運営する公式通販サイト。
オリジナルパーツはもちろん、各種メーカーパーツや初心者からプロが使用する工具もラインアップ。
専任フィッティングアドバイザーが、クラブ選びのお手伝いをさせて頂きますので、安心してお問い合わせください。

無料カタログもご用意しております。


ABOUTこの記事をかいた人

ゴルフおじさん

ゴルフが好きで、ゴルフ業界の仕事に就くほどのゴルフバカです。 GeotechGolfのホームページ管理者をする傍ら、ゴルフクラブの飽くなき探求をする事を、生業としています。 平均スコア:85前後 ヘッドスピード:47m/s 得意なクラブ:8番アイアン クラブ組立レベル:マイクラブは作れる程度 ※時折独自の意見を展開するので、温かい目で見守っていただけると幸いです。